めも

2年生

VirtualBoxで64bitのOSを選択できるようにする(windows10)

仮想マシンの作成で詰まったので備忘録です。
Ubuntuのインストールをしようと思い、VirtualBox仮想マシンの新規作成を行おうとしたら32bitのOSしか選択できなくて困りました。
Ubuntuの最新バージョンは64bitしか配布されてないので、どうにかして選択できるようにせねばです。
原因を調べたらCPUの仮想化支援機能がオフになっていたことが原因のようです。
仮想化支援機能とはCPUが仮想化ソフトウェアの処理を一部分担して高速処理してくれるものだそうです。CPUが手伝ってくれないからパフォーマンス的に64bitは無理!って感じなのでしょうか????

とりあえず仮想化支援機能をオンにしてあげれば64bitも選択できるはずです。オンにするためにはBIOSの設定を変える必要があります。
BIOSはPCを起動したときに入出力装置の制御やOSの読み込みなどをしてくれるプログラムのことです。
仮想化支援機能をオンにするまでの手順は以下の通りです。

BIOS設定画面を開く

1.スタートメニューの"オン/オフ"のメニューを開き、Shiftキーを押しながら"再起動"をクリック
2.オプションの選択画面が表示されるので、"トラブルシューティング"をクリック
3.トラブルシューティング画面の"詳細オプションをクリック"
4.詳細オプション画面の"UEFI フォームウェアの設定"をクリック
5.再起動をクリック
これでBIOS設定画面に遷移できます。

仮想化支援機能をオンにする

1.メニューから"Advancd"をクリック
2."CPUconfiguration"をクリック
3."Inter virtualization Technology"が"Disable"になっているのを"Enable"に変更
これで仮想化支援機能がオンになります。

BIOSはデリケートな部分なはずなのでいじるのは緊張します…ヒェ~
それはともかくこれでVirtualBoxで64bitのOSを選択できるようになりました!